ソニー生命学資保険とアフラック学資保険を比較

保険のプロを活用しよう

学資保険の見直しなら”保険のビュッフェ” 特定の生命保険会社に所属しない 生命保険の専門家・FP(ファイナンシャルプランナー)による 質の高い保険無料相談。

ソニー生命の学資資金とアフラックの学資資金を比較してみます。

ソニー生命の学資資金とアフラックの学資資金
どちらも、返戻率は高いのですが、
税金を考慮した場合、学資資金の手取り額はどうなるのでしょうか。

 

契約者:30歳男性、被保険者:0歳男性

 

項目名 ソニー生命 アフラック
月払い保険料

12,420円

12,470円

(A)払込保険料総額

2,682,720円

2,693,520円

(B)受取学資金総額

3,000,000円

3,000,000円

返戻率(B÷A×100)

111.8%

111.3%

税金

なし

51,080円

受取総額(税金支払い後)

3,000,000円

2,948,920円

返戻率(税金支払い後)

111.8%

109.4%

 

結論から言いますと、
ソニー生命の学資保険では、
税金がかかりません。

 

しかし、アフラックの学資保険では、
税金がかかります。

 

設定例で計算すると、51,080円も
税金を払わなければなりません。

 

 

ソニー生命の学資保険では、
大学進学時に一括で300万円を受け取ります。

 

この場合、受け取った学資資金は、
親の一時所得となります。
(受取人=保険契約者の場合)

 

【一時所得の計算方法】

 

総収入金額-収入を得るために支出した金額-特別控除額
=一時所得の金額

 

(特別控除額は、最高50万円。)

 

【一時所得の税額の計算方法(総合課税)】

 

一時所得の1/2を給与所得などの所得と合算し、納税額を算出します。

 

ソニー生命の学資保険の学資資金を受け取った時の一時所得は、

 

3,000,000-2,682,720-500,000=-182,700

 

控除額が、50万円あるので、一時所得はマイナスとなります。

 

したがって、税金は発生しません。

 

 

アフラックの学資保険では、
高校入学時に50万円の一時金を受け取ります。
大学入学時に100万円を受け取り、
2年目以降は毎年50万円と受け取ります。
受取総額は300万円です。

 

ただし、アフラックの学資保険では、
大学進学以降の学資金を年金方式で受け取るので
雑所得に対して税金がかかります。

 

【雑所得の計算方法】

 

総収入金額-必要経費

 

【雑所得の税額の計算方法(総合課税)】

 

一時所得を給与所得などの所得と合算し、納税額を算出します。

 

申し訳ないのですが、必要経費の計算には自信がありません。
仮に下記の方法で雑所得を算出します。

 

(受取学資金総額-払込保険料総額)×年金受取金額/受取学資金総額
=(3,000,000-2,693,520)×250万円/300万円
=306,480×250万円/300万円
=255,400円

 

これは、4年間の一時所得になります。

 

これに、10%の所得税がかかるとすると、

 

255,400円×10%=,25,540円

 

これが、学資年金を受け取る4年間に支払う所得税です。

 

さらに、住民税がかかります。
住民税の税率は所得に関係なく一律10%です。
(都道府県民税4%、市区町村民税6%)

 

255,400円×10%=,25,540円

 

所得税と住民税を合計すると、51、080円になります。

 

4年間の合計金額ですが、結構な金額になります。

 

ここでは、所得税率を10%として計算しましたが、
ご家庭によっては、税率が20%かもしれません。

 

所得税 51、080円
住民税 25,540円
合計   76,620円

 

税金を考慮して、ソニー生命の学資保険とアフラックの学資保険の返戻率を比較すると、ソニー生命の学資保険に軍配があがります。
(ただし、そんなに大きな差があるわけではありませんけどね。)

 

ただし、アフラックの学資保険では、
年金方式で学資金を受け取るのではなく、
大学進学時に学資金を受け取ることも可能です。

 

しかし、大学進学時に学資金を受け取れば、
税金がかからないので、手取り額が増えるかというと
話はそう単純ではありません。

 

学資金を早く受け取る場合には、
学資金の受取額が減少します。

 

アフラックの学資保険を大学進学時に受け取った場合、
どれだけの学資金をうけとることができるかは、
ここでは、わかりません。

 

こちらを、参考にして下さい。

 

あひるの日記
http://yulife.eshizuoka.jp/e614843.html
http://yulife.eshizuoka.jp/e614955.html

 

次のページソニー生命学資保険とフコク生命学資保険の比較

 

TOPへソニー生命学資保険とアフラック学資保険の比較

保険無料相談

学資保険の見直しなら”保険のビュッフェ” 特定の生命保険会社に所属しない 生命保険の専門家・FP(ファイナンシャルプランナー)による 質の高い保険無料相談。

経験豊富なファイナンシャルプランナーが、数多くの保険商品の中から、あなたにメリットが高い商品を提案してくれます。 勿論、無料で相談にのってくれます。 信用できるファイナンシャルプランナーをみつけるために、 1つだけでなく、複数の無料相談をうけてみるのも、一つの方法かと存じます。

◆自宅に来てもらうなら

FPのチカラ お金の失敗を防ぐには?
◆保険ショップへ出向くなら
保険ショップマンモス

・保険ショップマンモスでは、保険マンモスが独自の基準で厳選した保険ショップでの保険相談の予約ができます。

・LIFULL保険相談では、主な保険ショップの保険相談の予約ができます。店舗数が多いので、お近くの保険ショップがみつかるはずです。