ソニー生命学資保険とアフラック学資保険の比較

保険のプロを活用しよう

学資保険の見直しなら”保険のビュッフェ” 特定の生命保険会社に所属しない 生命保険の専門家・FP(ファイナンシャルプランナー)による 質の高い保険無料相談。

学資保険のメリット

(保険料払込免除特約)

 

親に万が一の事があった場合でも、
子供の教育資金が確保できます。

 

親に万が一の事があった場合には、
その後の保険料の支払いが免除されます。

 

これを、保険料払込免除特約といいます。

 

これが、学資保険のおおきなメリットです。

 

保険とは、万が一の場合に備えるために加入するものです。
これが、そもそもの学資保険に入る目的です。

 

これが、学資保険と他の金融商品を比較した場合の
大きなメリットです。

 

親(契約者)が万が一死亡したり、不慮の事故などで、
所定の身体障害や高度障害を負った場合には、
以降の保険料の支払いが免除されます。

 

もちろん、学資金を受け取ることができます。

 

 

 

(税制上の優遇措置)

 

学資保険は、生命保険料控除の対象なので、所得税が減額されます。

 

また、銀行に預金する場合と学資保険に加入する場合を比較すると、
学資保険に加入した場合の方が、支払う税金が少なくてすみます。

 

銀行預金の利息には、20%の税金がかかっています。
自分で税金を納めるわけではないので、気付きにくいのですが、
利息は20%が源泉徴収され、
税金控除後の金額が通帳に記帳されています。

 

もちろん、学資保険を受け取る時にも、課税されるのですが、
現在の金利水準では、一時金や満期金を受け取った時に、
税金はかかりません。

 

ただし、アフラックの学資保険のように、
学資金を年金として受け取る場合には、
税金が発生します。

 

学資金を受け取ると、
一時所得もしくは雑所得が発生します。

 

祝い金、満期金は一時所得となります。
学資年金は雑所得となります。

 

祝い金や満期学資金の一時所得にも、
税金はかかるのですが、
現行の金利水準では、税金は発生しません。

 

ただし、アフラックの学資保険のように、
学資金を年金として受け取る場合には、
税金が発生します。

 

でも、話は複雑で頭が痛くなりますね。

>>>ファイナンシャルプランナーに相談してみる

 

TOPへソニー生命学資保険とアフラック学資保険の比較

学資保険のデメリット

(生命保険会社の倒産リスク)

 

金融機関には、破綻リスクが伴います。

 

実際、バブル崩壊後、山一証券をはじめ、
多くの金融機関が破綻しました。

 

あれから、もう20年以上も経過しました。

 

銀行が破綻した場合には、
1000万円までの預金は全額保護されます。

 

しかし、生命保険会社が破綻した場合には、
そうはいきません。

 

破綻

 

生命保険契約者保護機構が、
責任準備金の90%までを保護します。

 

だから、全額が丸損ということはありません。

 

しかし、その後引継保険会社を探すことになりますが、
その際予定利率を引き下げることができます。

 

場合によっては、学資資金がかなり目減りします。

 

実際に、自分の加入している学資保険が、
どれくらい目減りするかは、事前にはわかりません。

 

銀行預金と学資資金を比較した場合、
この点では、学資資金の方が不利です。

 

破綻リスクは、生命保険会社によって、異なります。

 

学資保険を選ぶにあたっては、
各社の財務の安定性を比較して、
検討したいですね。

 

 

(金利上昇リスク)

 

長い間、超低金利が続いています。
しかし、今後、金利が上昇するかもしれません。

 

現に、安部政権になってから、
早速、長期金利は上昇しています。

 

金利動向によっては、18年後の教育資金を比較した場合、
銀行預金で運用した方が、多くの教育資金を多く用意できるかもしれません。

 

このようなデメリットを回避する方法としては、
必要な教育資金を全て学資保険で準備するのではなく、
定期預金など他の金融商品の組み合わせを考えるのも
一つの方法ですね。

 

そんなこと言われて、どんすればいいの?

 

>>>ファイナンシャルプランナーに相談してみる

 

 

(途中解約リスク)

 

最近は不況のせいで、
学資保険を途中で解約される方が増えているそうです。

 

学資保険は、途中解約すると、元本割れします。

 

この点は、他の金融商品と比較した場合、
学資保険の大きなデメリットです。

 

家計の状況に合わせて、
無理のない保険料を、
決める必要があります。

 

TOPへソニー生命学資保険とアフラック学資保険の比較

 

 

 

保険無料相談

学資保険の見直しなら”保険のビュッフェ” 特定の生命保険会社に所属しない 生命保険の専門家・FP(ファイナンシャルプランナー)による 質の高い保険無料相談。

経験豊富なファイナンシャルプランナーが、数多くの保険商品の中から、あなたにメリットが高い商品を提案してくれます。 勿論、無料で相談にのってくれます。 信用できるファイナンシャルプランナーをみつけるために、 1つだけでなく、複数の無料相談をうけてみるのも、一つの方法かと存じます。

◆自宅に来てもらうなら

FPのチカラ お金の失敗を防ぐには?
◆保険ショップへ出向くなら
保険ショップマンモス

・保険ショップマンモスでは、保険マンモスが独自の基準で厳選した保険ショップでの保険相談の予約ができます。

・LIFULL保険相談では、主な保険ショップの保険相談の予約ができます。店舗数が多いので、お近くの保険ショップがみつかるはずです。