下宿代はどのくらいかかる

保険のプロを活用しよう

学資保険の見直しなら”保険のビュッフェ” 特定の生命保険会社に所属しない 生命保険の専門家・FP(ファイナンシャルプランナー)による 質の高い保険無料相談。

下宿した場合の一か月の生活費は12万円

家賃       6万円
水道光熱費  1万円
携帯・ネット代 1万円
食費       3万円
交通費

 

いろいろ調べたなかで、下記のURLの内容が一番参考になりました。

 

http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2012/0131/479639.htm?o=0

 

家賃や水道光熱費、携帯代などは、仕送りせずに、親元の口座から引き落とすというのも一つの方法ですね。

 

家賃や交通費は、大学の所在地や下宿する場所によって、
変わってきますよね。

 

交通費も以外にかかりますね。

 

でも、今の時点で、将来、我が子がどこの大学に進学するかなんてわかりませんよね。
えっ、もう、いれる大学も、下宿先も決めてしまいましたか。
相当な親ばかですね。

 

いわゆる「すべり止め」として受験・合格し、入学しなかった大学の入学金の支払いなどもかさむためと考えられます。

平成22年度学生生活調査について

All about(http://allabout.co.jp/gm/gt/657/)

大学生の定期代

折角下宿したんだから、そんなに遠くから、通うことはありません。

 

NAVITIME(http://www.navitime.co.jp/transfer/)

保険無料相談

学資保険の見直しなら”保険のビュッフェ” 特定の生命保険会社に所属しない 生命保険の専門家・FP(ファイナンシャルプランナー)による 質の高い保険無料相談。

経験豊富なファイナンシャルプランナーが、数多くの保険商品の中から、あなたにメリットが高い商品を提案してくれます。 勿論、無料で相談にのってくれます。 信用できるファイナンシャルプランナーをみつけるために、 1つだけでなく、複数の無料相談をうけてみるのも、一つの方法かと存じます。

◆自宅に来てもらうなら

FPのチカラ お金の失敗を防ぐには?
◆保険ショップへ出向くなら
保険ショップマンモス

・保険ショップマンモスでは、保険マンモスが独自の基準で厳選した保険ショップでの保険相談の予約ができます。

・LIFULL保険相談では、主な保険ショップの保険相談の予約ができます。店舗数が多いので、お近くの保険ショップがみつかるはずです。